オンライン予約 LINE相談・予約 076-442-3888

歯根端切除術
(外科的歯内治療)Endodontic Microsurgery

症例

歯根端切除について

過去に根管治療既往のある歯の根管内が細菌感染し、歯根の尖端の炎症(根尖性歯周炎)が再発した場合、歯根の尖端に外科的にアプローチして、尖端側から根管治療を行う方法です。

マイクロサージェリー
(Endodontic Microsurgery)
について

手術用マイクロスコープの拡大視野下で行う歯根端切除術のことをいいます。

従来は、肉眼レベルで、感染した根の尖端を切るだけの手術を行っていましたが、治療成績が非常に悪かったです。

マイクロサージェリーでは、根の尖端を切るだけでなく、手術用マイクロスコープの拡大視野下で、手術用超音波チップで根の尖端から根管内を消毒し(逆根管窩洞形成)、歯科用セメント(主にMTA)で根管を封鎖することで(逆根管充填)、治療成績が著しく改善しました。

必要な場合

  • 再根管治療を行っても
    炎症が治らない
  • 現在入っているクラウンや
    ブリッジを壊したくない
  • 根の尖端を越えて異物が出ており、
    その異物によって強い炎症が起きている

適応範囲

●前歯~第一大臼歯の近心頬側根

奥歯になるほど、根の尖端への外科的アプローチが難しくなりますので、その場合は、意図的再植を検討します。

歯根端切除術症例

症例1:根尖孔外に異物が
溢出していた症例

症例2

左上第二小臼歯の症例で、根の治療がきちんとされており、クラウンの適合も良好だったので、クラウンを極力壊さないで根の尖端の炎症を治療することにしました。

LINE相談・予約