オンライン予約 LINE相談・予約 076-442-3888

歯牙移植Tooth transplant

歯牙移植

歯牙移植とは

歯がない場所に、別の場所のご自身の歯を持ってきて、無い歯を補う治療です。
親知らずを用いて、歯のないところに移植することが多いです。

しかし、親知らずなどの余分な歯がない、歯周病がある、歯ブラシがちゃんとできていない、噛み合わせの力の負担が大きい等の、全身状態から外科処置が行えない場合がございます。

移植歯の寿命

5年生存率で9割以上という報告があり、インプラントやブリッジ治療と同程度の成績です。

歯牙移植をおすすめするケースと条件

移植される歯の条件

きれいに抜ける、歯周病がない、根が大きすぎない

移植する場所の条件

上顎と下顎との間のスペースが十分にある、移植される歯が入るだけの骨の高さがある

歯牙移植をおすすめするケースと条件

歯牙移植について

歯牙移植のメリット

ご自身の歯は、どの生体材料よりも生体親和性が高く、お体に最も優しいものです。インプラントなど、いくら生体親和性の高いものを使うとはいえ、結局は異物で、自分の歯に勝るものはないです。

歯牙移植のメリット

歯牙移植とインプラントの違い

人工物を骨にいれるのではなく、ご自身の体の一部をとって必要なところに持って行く治療なので、生体親和性の面で体にとても優しい治療といえます。

歯牙移植とインプラントの違い

歯牙移植治療の流れと期間

歯牙移植治療後のホームケア

歯周病にならないように、日頃から歯ブラシやうがい液の使用を徹底します。

LINE相談・予約