LINE相談・予約 076-442-3888
   

治らない歯の痛み?非定型歯痛と歯科心身症

こんにちは、かんです。

今回は、非定型歯痛など歯科心身症について考えてみました。

治療を行なっても解決できない「歯の痛み」の問題

私は根管治療をよく行なっておりますが、根管治療を患者さんに行う主なきっかけはやはり「歯の痛み」です。ズキズキ痛い、冷たいものが強くしみる、噛むと痛いなど、虫歯や歯の亀裂が原因で根管内が感染に陥り、歯の神経(歯髄)や歯根の尖端(根尖歯周組織)に細菌感染による炎症が引き起こされることで疼痛が発現し、その対応として根管治療を行うのです。

ここで明確にしなければいけないのが、根管治療は、痛みを取るための治療というよりは、「根管内の細菌感染を除去する治療であり、結果として細菌感染による炎症性の痛みが和らぐ」ということです。

根管治療の難症例のうち、「根管治療を行なったが、痛みが全然取れない」と訴えるケースがしばしばあります。

根管治療をしたのになぜ痛みが治らない?

もし患者さんが、根管治療による除痛効果を過剰に期待してしまい、実際に根管治療を行なった結果、痛みがとれない、もしくは余計に痛くなってしまう経験をすれば、患者さんは治療に対して不安を感じます。

「治療がうまく行っているのかな?」、「虫歯がまだ残っているはずだ」、「歯が割れているかもしれない」、「この痛みがずっと取れなければどうしよう?」、「痛みが気になって何事も集中できない」など、治療を行なったにもかかわらず、痛みが取れない、さらには気になって日常生活に支障がでるということでさまざまな不安やストレスが生じます。

さらに、100%の根管治療はあり得ないですし、特に大臼歯の根管治療など、解剖学的にも技術的にも難しい根管治療のケースの場合、完璧な治療ができたといえることは不可能であり(成功率10割の治療は世の中に存在しない)、そういう事実が、余計に患者さんを不安にさせます。

また、根管治療をしても痛みが取れなかったからその歯を抜いても、痛みが消えないケースさえあります。

このように、患者さんの治療による「痛み」などの不快な経験に、治療に対する患者さんの「不信」、「不安」や「ストレス」、さらには治療でどうにか今の状態を改善したいという強い気持ちなどが加わることで、虫歯や治療由来の痛みを超える複雑化した痛みに発展してしまいます。

このような複雑化した痛みを非定型歯痛といっています。

メカニズムとしては、治療への不信や不安、ストレスにより、脳の高次レベルにおいて、痛み情報の処理が過剰になってしまう、まるで脳内の回線が混線しているような状態のことが考えられています。

患者さんの痛みは「気のせい」ではない

患者さんの原因のよくわからない歯の痛みに対し、我々歯科医師は「気のせいだ」「精神病だ」などと思ってしまうことがあります。

実際、非定型歯痛と精神疾患の関連性はほとんどないといわれていますし、患者さんの痛みを仮病扱いしてしまうと、そこで患者と歯科医師の信頼関係は終わってしまいます。

どうやって原因不明の「歯の痛み」に対応するか

それでは非定型歯痛を訴える患者さんをどのように対応すればいいんでしょうか?

まずは、患者さんの「こころ」にアプローチし、歯の痛みが実在するものと尊重し、それによるストレスや大変さに共感することが重要ですし、どういう経緯で歯の治療が行われ、歯の痛みに悩まされているかを患者さんから聞き取り、歯科医師としてできる検査や治療を誠実に行い、また、できないことやわからないことを明確にしてあげ、患者さんを「不安」から「安心」に導き、患者さんに非定型歯痛がどういう病態かを説明し、強い思い込みがあれば修正してあげます。(心理療法、脳の高次機能での誤った関連付けの修正

また、非定型歯痛のような歯科心身症には抗うつ薬が効果があるといわれていますので、薬物療法を有効に活用することも知られています。(薬物療法、感覚レベルにおける神経伝達物質の調整

しかし、患者さんは、抗うつ薬への抵抗感があるかもしれませんし、副作用の問題もありますから、活用には、薬の薬理学的理解が十分に必要で、その活用の意義やデメリットを説明でき、患者さんを十分に理解させる力が必要です。

 

非定型歯痛などの慢性疼痛を完全にすっきりさせることは難しいです。

なので、ゴール設定を日常生活にひどい影響がないレベルまで持っていくことにして、患者さんのこころに寄り添っていくことが大事かと思います。

それでは今日は以上とさせていただきます。

 

富山市総曲輪の歯医者|金川歯科

日付:   カテゴリ:お知らせ

LINE相談・予約